FC2ブログ

まさひろ林檎園 農業日記

■11月1日より12月発送分予約開始!■まさひろ林檎園の日々の出来事をご紹介!今年収穫分りんご只今販売中!!詳しくはすぐ下の「2019年度産りんごはコチラ」をClick!

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

JGAP勉強会

みなさんこんばんは

本日は農作業ではありませんが、りんごを安全に作るためにJGAPの勉強会に参加してきました。

今年から、チェック要綱が変わった為、変った所などを勉強してきました。

JGAPを詳しく知りたい方はこちらへ→JGAP



勉強内容はこんな感じで、チェックリストを参考に自分の園地についてチェックをしました。

8時~18時までかかりました。

さすがに、疲れましたよ

| 5月の農作業 | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1回目の草刈り

みなさん、こんばんは

いつもご覧いただきありがとうございまちゅ

先週1週間は毎日雨が降り、寒くてストーブを付けないと

過ごせませんでしたが


昨日の日曜日から、天候がガラッと変わり暑いくらいに良い天気です

先週の寒さは何だったんだ

と思うほど天候の変化は異常です((+_+))



と言っても始まらず

先週は雨で草刈りが出来ず、今日やっと1回目の草刈りをしました。

私は、なるべく草刈りもしないようにし、出来るだけ自然に近い状態で

りんごを育てないと思っています。


草刈り作業は通常、5月から9月までで年間5回~6回の草刈りをしますが、

私は今年3回を目途にして作業をしています。

今年は低温の予報ですので、草を刈らないようにし土を保温しようと考えています。


草が生えているおかげで、土の熱が地上に逃げないようになるのではと考えています。

また、暑い日差しの日には直射日光から日差しを遮ります。

草が生えているおかげで、保湿効果があり土に適度な湿り気があり乾燥を防いでくれます。



自然界では一切草刈りをしていないのが常識ですが、

草刈りをしないと、足が草に絡まり作業的に大変な事から草刈り作業をするのが

常識となっていますが、草は刈らなくてもりんごの生育には関係ないと思います。

人間の都合で草刈りをしているだけではないのかな?

と私は思います。



とは言っても、周りからみると手を掛けていないとか、汚い感じがして

見た感じきれいにしていないなど、外見上何を言われるかわかりませんので、

最低限の作業で自然に近い状態でりんごを育てていきたいと思います。


草刈り作業は、こんな感じの乗用の草刈り機械で刈っていくんですよ

IMG_1826.jpg

IMG_1825.jpg


ゴーカートみたいで、楽しい作業のように見えますが意外に大変な作業なんですよ

正直、膝くらいまで草丈が伸び歩くのも大変なので、仕方なく草刈りをしたというのが

本音ですけどね

| 5月の農作業 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花粉用花つみ  画像アップ編

みなさんこんばんは、

昨日は画像をアップ出来なくてすいません

今日はたくさん画像を用意しましたので見てください。

大体の流れを画像で紹介しますね


この花は、王林の花です。

1株に約5輪の花が咲きますが、中心花が一番早く咲きます。
中心花は大きい実になるので出来るだけ中心花を残して、
他の花は摘み取ります。
余分な花を摘み取ることにより、花を咲かせる事は莫大なエネルギーを消費しますので
出来るだけ木に負担を掛けない事により、中心花に養分が行きわたり大きくなると言う事です。

まず、この花の中心花を残しつぼみを摘み取ります。



摘み取るとこんな感じに1輪になります。
IMG_1683.jpg

花を摘み取る前
IMG_1681.jpg

摘み取った後
IMG_1684.jpg


摘み取ったつぼみはこんな風に、傘を逆さにして利用しています。
IMG_1679.jpg

このつぼみの中にオシベ(花粉の葯)を解葯機で取ります。
IMG_1704.jpg
小型の機械なので効率は悪いですが、来年用の花粉取りをします。

取った葯(花粉)を自然乾燥させ、25gずつに小分けにしてビンに乾燥材と一緒に入れ
冷蔵庫で保存しておきます。

昨年の花粉がここの花粉です。

IMG_1716.jpg

この花粉をふるいに入れ、石松子(せきしょうし)と混ぜあわせます。
混ぜ合わせる割合は4:1です。
IMG_1714.jpg


花粉25g:石松子100g
IMG_1711.jpg

IMG_1719.jpg

これをふるいでこして、秘密兵器「ラブタッチ」
IMG_0474.jpg

こんな感じで、花をなぜるだけなんです。

この先の毛はダチョウの毛なんですよ
IMG_1712.jpg

この秘密兵器「ラブタッチ」がどのようになっているかと言うと、

先程の花粉と石松子を混ぜた粉をラブタッチのボトルに入れ、少しづつ管を通って

先のダチョウの毛から出てくる仕組みなんです。

なので、なぜるだけで花に花粉が付くんです。

これが人工授粉です。


また、今は一般的になりましたが、ハチによる受粉も行われています。

りんごの花が咲くこの時期に合わせて、冷蔵庫に保管してあるハチを畑に設置します。

このハチは、りんごの花の受粉も為に働いてもらっています。

IMG_1688.jpg

これが、ハチですが、このハチはマメコバチといって針が無いハチなんですよ!

そして、女王蜂がいないので巣もこんな、アシガヤと言う筒に卵を産みつけます。
産卵が終わると死んでしまいますが、このマメコバチは良く働いてくれます。
IMG_1702.jpg

感謝感謝です。

でも、寒いと飛んでくれないので人工受粉と合わせて一緒に頑張っています。

今年は霜の被害が少ない気がしますが、まだまだ油断はできません。

安心安全で、美味しいりんごを作る為に頑張りますね

| 5月の農作業 | 00:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんごの花粉取り

みなさんこんばんは、

いつもご覧いただきありがとうございます。

今日は、りんごの人工授粉用に花粉を採取しましたので、

ご紹介します。

画像があるのですが、今日は画像がダウンロード出来ないので

明日アップします。

少しお待ちください

| 5月の農作業 | 23:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんごの花が開花した。

みなさん、

りんごの花が開花しました。

先日(GW)は桜が満開でしたが、

桜が散ると、りんごの花の時期なんですよ!

IMG_0456_convert_20100509214926.jpg

やっと花が咲き始めました。

まだ、数輪しか咲いていませんが、

この時期が霜が降りると花が凍って実になりません。

今が一番重要な時期なんです。



話は変わりますが、

りんごの花って、つぼみが一斉に咲かないんですよ。

1株に5~6花が咲きますが、花は順番に咲いていきます。

写真をよく見てください。

微妙につぼみの大きさが違うのが分かると思います。

これは、何か被害があった時に順番に咲く事で子孫を

残す事が出来、リスクを分散しているようです。

詳しい事は分かりませんので、突っ込んで聞かないでくださいね

| 5月の農作業 | 22:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2回目薬剤散布

こんばんは、

今朝4時30分起きで、薬剤散布をしました。
下の機械は、農薬散布用のスピードスプレヤー(ss)です。

この機械の中に1000リットルの薬剤が入ります。



今日の農薬散布は

オンリーワンフロアブル  2000倍
竹酢液           2000倍
液肥(りんご原料の液肥) 10000倍


今回散布量 10a/180リットル 散布
既定散布量 10a/350リットル です。
約50%減での散布量です。

IMG_0444_convert_20100509214439.jpg

運転席はこんな感じですよ~
IMG_0449_convert_20100509214607.jpg

液剤吹き出し口はこんなです
IMG_0450_convert_20100509214647.jpg

| 5月の農作業 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |