FC2ブログ

まさひろ林檎園 農業日記

■11月1日より12月発送分予約開始!■まさひろ林檎園の日々の出来事をご紹介!今年収穫分りんご只今販売中!!詳しくはすぐ下の「2019年度産りんごはコチラ」をClick!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雪害の木の管理とウサギとネズミの食害

青森で感動のりんごを作っている「まさひろ林檎園」のまさひろです。

今日は、雪の被害で引き裂かれた枝や、折れた枝の管理をしてます。

枝の被害状況によって落とす枝か、助ける枝かを見極める作業です。

使えそうな枝は紐で吊るして折れないようにしますが、なんとかくっ付いてくれと祈るばかりです。

枝折れで紐で吊るす作業の写真が無いのですが、ご勘弁下さい。




さて、枝折れ以上に被害が大きい家の園地。

見てください。

下の写真は、皮や芽をウサギが食べた痕です。

芽を食べられると、そこから芽が出てくることが無いので、枝を作っていくことができなくなります。

もちろん、花も咲かないし、実もつきません。


以前、誰かが言っていたのですが、美味しいりんごを作っている所は、

木の皮も美味しいからウサギが食べに来るんだよ!

と言われたことがあります。

本当か嘘かは分かりませんか、、、。







どうですか?酷いでしょう!

野うさぎは、皆さんが想像している動物園にいて、可愛くて小さいウサギではなく、

後ろ足が異常に長く、中型の犬くらいの大きさなんです。

畑で見かけると、ヤギか?と思うくらい大きいんです。

マジで!本当なんですよ!



さて、今度はネズミの被害です。

さて下の写真は家の園地の木ではありませんが、

隣の園地の梅の木です。

ネズミさんたちが、冬場の餌が無いので木の皮を食べているんです。

だいぶ上の方まで食われていますが、冬の間はスッポリ雪で覆われていますので、

雪にトンネルを掘り上の枝まで食べにくるんですよ。

ちょっとビックリでしょ?



木の皮を1周食べられてしまうと木は死んでしまいます。

こんな事が無いように農家は、雪が降る前に園地でネズミ対策もしなければならないんです。

見えない所で色んな仕事があるんですよ。

幸い、今日作業をしていた園地ではこの様なネズミ被害は見えませんでしたので

ちょっとホッとしています。



スポンサーサイト



| 今日の出来事 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://mapple910.blog.fc2.com/tb.php/337-d9682ada

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT