FC2ブログ

まさひろ林檎園 農業日記

■11月1日より12月発送分予約開始!■まさひろ林檎園の日々の出来事をご紹介!今年収穫分りんご只今販売中!!詳しくはすぐ下の「2019年度産りんごはコチラ」をClick!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

切り口保護

今日は、剪定した木の切り口へ保護剤を塗りました。

この写真が、切り口に保護剤を塗る前です。




これをしておかないと、切り口から腐乱病の菌が入り込み腐乱病に

なりやすいので、必ずやっておかなければならない作業なんです

保護剤を塗っておかないと、この前紹介したように木の皮が腐ってしまい

(腐乱病)とんでもない事になってしまいます。

013.jpg

これが切り口へ塗った後です。

うっすらピンク色してます。



今回は、トップジンMオイルペーストを使用しました。

だいぶお高いお薬で、約1kgだったかで3500円くらいします。

ですので、私なりに量を増やして使ってます。


私の量を増やす分量をご紹介します。

トップジンMオイルペースト     1缶
木工用ボンド大(約5リットルかな?) 1缶
木酢(うすめる為に使います)    1リットル(適当に入れて塗りやすい程度までうすめる)
粉わさび              1缶

以上を大きいバケツなどに入れ、ひたすら混ぜる


はい、出来上がり

1リットルくらいが、約6倍くらいになりました。

こんな、使い方はいけないと思うのですが、成分を多少入れてもあまり害のない物を

使いたいので、私はこのような使い方をしています。




また、人によっては、木工用ボンドに墨ジュ(習字に使う墨)を入れた物を

使っている方もいます。

あまり、お金をかけないように工夫しながら使っているようです。



この、保護剤を塗る理由はカルス形成(皮が被ってくる事を早める)と病気の防除です。

         
スポンサーサイト



| 3月の農作業 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://mapple910.blog.fc2.com/tb.php/66-f64ba9e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT